FXをもっと身近に。日本人の金融リテラシーを向上させることが私たちの使命です
FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)は、日本人の金融リテラシーを向上させるために、FXトレーダー向けツールの開発や、FXアプリの開発、FXメディアを通じて金融の専門家の独自インタビューを掲載し、世の中に情報発信しています。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)の公式サイトへようこそ

「FXをもっと身近に。」をコンセプトにし、日本人の金融リテラシーを向上させることが私たちのミッション、使命です。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)は、日本人の金融リテラシーを向上させるために、FXトレーダー向けツールの開発や、FXアプリの開発、FXメディアを通じて金融の専門家の独自インタビューを掲載し、世の中に情報発信しています。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)の事業内容

FXトレーダー向けツールの開発

FXトレーダーの取引効率と利便性を高めるために、先進的な支援ツールの開発に注力しています。私たちの目標は、トレーダーが市場での決断を迅速かつ正確に行えるよう支援することです。

FXアプリの開発

国内FX事業者様向けに、FXアプリの開発支援をしております。上場企業様を中心に、内容の充実したアプリを通じて、FX会社様の長期的な顧客獲得を目指します。

FXメディアの運営

私たちは、FX専門の金融メディアを運営しており、トレーダーにとって最も重要な情報を、高品質かつ迅速に提供することに注力しています。当社のメディアは、FXに関する最新のトレンド、深い分析、そして実用的な取引戦略を読者の皆様に届けることで知られています。

私たちの事業ことをもっと知っていただくために、ウェブサイトの事業内容のページもぜひご覧ください。

そもそもFXとは?

FXとは、Foreign exchangeの頭文字をとった言葉であり、現在は「外国為替証拠金取引」を指します。

FX取引では、異なる国の通貨を売買して、価格の変動から利益を得ることを指します。この過程で、一方の通貨を売り、もう一方を買うことになりますが、この取引によって、価格が動くことで利益が生じる可能性がある一方で、予想と反対に動けば損失を被るリスクも伴います。

この取引において重要な概念が「通貨ペア」です。これは、取引に使用される二つの通貨の組み合わせを指し、例えばアメリカドルと日本円のペアはUSD/JPY、アメリカドルとユーロのペアはEUR/USD、ユーロと日本円のペアはEUR/JPYと表されます。この表記法では、最初に記載された通貨が基準通貨となり、2番目の通貨との相対価値を示します。

FX市場は、世界中の経済状況、政治的な出来事、市場の心理など多岐にわたる要因によって価格が変動します。そのため、通貨ペアの価格変動を読み解き、適切なタイミングで取引を行うことが、FX取引で成功する鍵となります。また、通貨ペアの選択によっては、より大きな利益のチャンスをつかむことができる反面、リスクも高まるため、自身の取引スタイルやリスク許容度に合わせた選択が求められます。

こういった意味も含め、会社として、FXに関連する事業に特化した会社として、FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)という社名にしています。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)のシンボルマーク

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)のシンボルマーク

公式シンボルマークは、「窓口」を表現しています。この5色の色合いは、FXの様々な多様性を象徴しています。

オリエックス令和スタンダード証券 様よりFXアプリ開発を受託しました

証券会社(ネット証券・オンライン証券)ならオリエックス令和スタンダード証券でお馴染みのオリエックス令和スタンダード証券様からFXアプリ開発を受託しました。

オリエックス令和スタンダード証券様は、革新的な金融サービスと顧客中心のアプローチを提供する日本の証券会社です。この会社は、株式、FX取引、先物・オプション取引など幅広い金融商品の取引を可能にしており、それぞれの投資家のニーズに応じた柔軟な取引ソリューションを提供しています。

オリエックス令和スタンダード証券様は、顧客の利便性を最優先に考え、オンライン取引プラットフォームの最適化に常に努めています。その結果、ユーザーは簡単で直感的なインターフェースを通じて、効率的に取引を行うことができます。また、このプラットフォームは、最新のセキュリティ技術を採用しているため、顧客の資産と情報は常に安全に保たれます。

当証券会社様は、常に革新的なサービスを開発し、投資家がより多様な投資オプションを探求できるよう支援しています。このようなサービスは、特に経験豊富なFXトレーダーにとって有益であり、多様な市場状況に対応するための追加のツールを提供します。

高木令和FX証券株式会社 様よりFXアプリ開発を受託しました

高木令和FX証券株式会社様は、お客様一人ひとりを大切にする対面営業を重視し、FX・株式等の商品を取扱う老舗のFX会社です。

高木令和FX証券では、お客様の投資活動を一層スムーズに進められるよう、便利なオンラインサービス「ポートフォリオ・アシスタント」をご提供しております。このサービスを利用することで、取引の履歴やアカウントの残高を瞬時にチェックできます。お客様の資産運用をこれまで以上に効率的に行うことが可能ですが、ご利用には高木令和FX証券での口座開設が前提となります。

また、特色あるサービスを通じて、当社独自の分析システムを駆使し、お客様一人ひとりに最適な投資信託をカスタマイズで提案します。投資信託の選定がこれまでになく簡単かつパーソナライズされます。

取り扱っている金融商品には、株式、投資信託、債券、そしてNISA(少額投資非課税制度)があり、お客様のライフスタイルに合わせた多様なサービスを展開しています。

FXの窓口合同会社の協賛企業様(コンプレッサ株式会社 様の紹介)

コンプレッサ株式会社 様

コンプレッサ株式会社(comp company)様は、給油式コンプレッサ(Lubricated Compressor)やオイルフリー式コンプレッサ(Oil-Free Compressor)、医療用コンプレッサなど、様々なコンプレッサーを扱う企業様です。コンプレッサはメンテナンスも非常に重要であり、定期的な検査と清掃が必要です。これにより、コンプレッサの性能を維持し、安定した空気供給を確保します。コンプレッサの設計と機能は、その使用目的に応じて細かく調整され、最高の安全性と性能を提供するために厳格な規制と基準に従って製造している企業様です。

FXの窓口合同会社の協賛企業様(CCGrid: International Symposium on Cluster Computing and the Grid 様の紹介)

CCGrid 様

CCGrid

CCGridはIEEE International Symposium on Cluster Computing and the Grid (CCGrid)に関する情報を提供しています。CCGridはクラスターコンピューティングやグリッドコンピューティングの分野で国際的なシンポジウムとして開催されており、「CCGrid 2001」「CCGrid 2002」「CCGrid 2003」などイベントを様々な地域で年次で行っています。

開催地としては、オーストラリアのブリスベン、ドイツのベルリン、日本の東京、アメリカのシカゴ、そしてイギリスのカーディフで開催されています

2003年の東京で開催された「CCGrid 2004」の会議では、シンポジウムの将来の計画や科学技術の進展に基づく新しい取り組みが話し合われました。

FXの窓口合同会社の協賛企業様(Monastic Matrix 様の紹介)

Monastic Matrix 様

Monastic Matrix
College of Arts and Sciences button logo.

Monastic Matrixは、オハイオ州立大学(The Ohio State University)の芸術科学部歴史学科の学術リソースです。これは、紀元400年から1600年までの女性の宗教コミュニティを研究するための学術リソースです。

FXの窓口合同会社の協賛企業様(フロンティア出版 様の紹介)

フロンティア出版

フロンティア出版 様

自己組織化マテリアルのフロンティア」-次代を担う研究者による提案 - 未来を創るエキゾチック自己組織化戦略 – 企画:「エキゾチック自己組織化材料」研究グループ、中西尚志 編集代表や、「熱エネルギー高度有効利用と省エネルギー技術」-エクセルギー損失の最小化、未利用熱エネルギーの有効利用、自己熱再生技術など最新の熱エネルギー利用技術体系- 監修:堤 敦司 (東京大学 生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任教授)などの書籍を扱っています。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)の消費者志向自主宣言

当社は、消費者庁が提唱する「消費者志向経営」の趣旨に賛同の上、企業全体で消費者志向経営の実現に向けて、お客様の利便性と満足度を最優先に考え、常に先進的な技術と高品質なサービスを提供することを誓います。

理念

当社は、お客様のニーズに合わせたユーザーフレンドリーな支援ツールの開発と情報提供を軸として、迅速かつ丁寧なサポート体制を構築し、常にお客様の期待を超える価値を創造します。私たちの使命は、お客様の成功と満足を実現することです。

取り組み方針

当社では、以下の取組方針に則り消費者志向経営の実現を目指します。

法令の遵守・コーポレートガバナンスの強化

  • 従業員の意識向上を促すために、社内コンプライアンス教育プログラムを実施します。
  • 監査体制を強化し、透明性を確保することで、法令遵守とコーポレートガバナンスを一層強化します。

消費者への情報提供の充実

  • 消費者の声を積極的に収集するために、定期的な顧客満足度調査やフィードバックシステムを導入します。その後、収集した情報を分析し、製品やサービスの改善に活かすことで、顧客満足度の向上に繋げます。
  • SNSやオンラインコミュニティを活用し、消費者とのダイレクトなコミュニケーションを促進します。

未来・次世代のための取り組み

  • 積極的に環境保護や社会貢献活動に参加し、持続可能なビジネスモデルを構築する取り組みを行います。
  • STEM教育支援や若手人材育成プログラムなどに力を入れ、未来のリーダー育成に注力します。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)のMyじんけん宣言

Myじんけん宣言のロゴ

当社は、法務省が推進する「Myじんけん宣言」に賛同の上、以下の具体的取り組みを行うことをここに宣言します。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)のMyじんけん宣言
差別やハラスメントの排除
  • 差別やハラスメントを徹底的に排除し、すべての従業員を尊重し、安全な職場環境を構築します。
女性活躍の推進
  • 妊娠・出産・子育て・介護など、女性が抱える悩みに理解を示し、柔軟な勤務条件や支援制度を提供します。
  • 公平かつ透明な登用プロセスを確立することで女性の活躍を促進します。
ユーザー中心の情報発信
  • ユーザーの立場に立ち、分かりやすく有益な情報を提供するための情報発信方針を策定し、実践します。
  • ユーザーのフィードバックを収集し、サービスや製品の改善に反映させる仕組みを構築します。

FXの窓口合同会社(旧 FXトレード合同会社)のSDGsへの取り組み

SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年の国連サミットで採択され、2030年までに国際社会全体が達成を目指す目標です。持続可能な世界の実現に向けて、17のゴールが設定されています。

FXの窓口合同会社が実現を目指すSDGs

SDGsの取り組みの中でも、当社が特に力を入れている取り組みは次の通りです。

質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなに

当社では、地方の小中学校と協力して、経済やお金、投資に関する基礎知識を身につけるための教育プログラムを提供しています。

具体的な取り組みとしては、以下のような活動を行っています。

  • ファイナンス教育カリキュラムの開発
    • お金の使い方や貯金の重要性、経済のしくみ、投資の基本などを学べる小中学生向けにわかりやすいファイナンス教育カリキュラムを開発。
  • 教材の提供
    • 学校の先生や生徒が授業で活用できるよう、ワークシートやテキストなどの教材を提供。
  • 学校訪問
    • 地方の学校を訪問し、ファイナンス教育に関する授業やワークショップを実施。

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう

当社では、女性のキャリアアップを支援し、ジェンダー平等を実現するために、以下の具体的取り組みを行っています。

  • 企業文化や風土を見直し、偏見や差別を排除する。
  • 積極的に女性管理職候補を発掘し、公平かつ透明な登用プロセスを確立する。

働きがいも経済成長も

働きがいも経済成長も

当社では、働きがいと経済成長の両方を追求するために以下の具体的取り組みを行っています。

福利厚生の強化
  • ワークライフバランスを実現するために、有給休暇の柔軟な取得やフレックスタイム、テレワークを推奨する。
  • 家族介護や育児をする従業員に対し、希望する勤務体制や特別な休暇制度を提供し働きやすさを向上させる。
社内コミュニケーション
  • 社内のスポーツイベントや大会を開催し、社員同士の交流を促進する。

気候変動に具体的な対策を

気候変動に具体的な対策を

当社では、地球温暖化対策や環境保護のため、以下の具体的な取り組みを行っています。

エネルギー効率の向上
  • LED照明や省エネ型エアコンなどエネルギー効率の高い設備を導入し、エネルギー消費を削減する。
  • オフィス内の電気や冷房をこまめに消灯する。
ペーパーレス化
  • 書類を電子化して紙の使用を削減する。
  • 社内業務をクラウドで統一し、紙の削減と効率化を図る。
廃棄物の適切な分別・削減とリサイクル
  • オフィス内で徹底的にゴミを分別し、リサイクル可能なものを適切に処理する。
  • 廃棄物の削減に努める。
環境に配慮した移動手段
  • 従業員に公共交通機関の利用を推奨することで、通勤時のCO2排出を抑える。
  • 積極的にテレワークを導入し、通勤に伴う環境負荷を軽減する。
持続可能(再利用可能)な製品を採用
  • 事務用品や備品には再利用可能な製品を採用する。
  • 保温・保冷効果のある日常使いしやすいマイタンブラーを支給し、ペットボトル製品の使用を削減する。
  • ウォーターサーバーやコーヒーメーカーを設置し、社員がタンブラーに直接飲み物を注ぐことができるようにする。

海の豊かさを守ろう / 陸の豊かさも守ろう

海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう

当社では、海の豊かさと陸の豊かさを守るため、以下の具体的な取り組みを行っています。

ビーチクリーン運動
  • CSR活動として、定期的に従業員によるビーチクリーン運動を実施する。(活動拠点:お台場海浜公園、葛西臨海公園など)
オフィス内に観葉植物を導入
  • オフィス内に観葉植物を設置し環境改善を図ると同時に、社員の健康や生産性向上に役立てる。
環境保護団体との協力
  • 植林活動に参加するなど、地域の環境保護団体と協力し、森林の保全や生態系の回復に貢献する。